• <wbr id="cforn"></wbr>

    <sub id="cforn"><table id="cforn"><small id="cforn"></small></table></sub>
    <wbr id="cforn"><legend id="cforn"></legend></wbr>
  • <nav id="cforn"></nav>


    トップメッセージプレスリリース決算短信決算公告
    決算情報株式情報株主総會電子公告會社説明會?決算説明會

    Top Message

    トップメッセージ

    株主、投資家の皆様へ

    代表取締役會長兼社長 多田綾夫

     平素は格別のご支援を賜り、厚く御禮申し上げます。

     當連結會計年度のわが國経済は、新型コロナウイルス感染癥の感染拡大により、経済活動の停滯を余儀なくされ、一部で持ち直しの動きは見られたものの、先行きは非常に不透明な狀況で推移いたしました。
     當社グループ(當社および子會社)の需要先である建設業界では、國の進める防災?減災や國土強靭化、災害復舊に向けて公共予算が重點配分された物件工事を中心に、おしなべて堅調に進捗いたしました。一方、民間建設投資については、住宅市場における2020年の新設住宅著工戸數が4年連続で減少したほか、新型コロナウイルス感染癥の影響による投資の抑制に伴い、建築外構などの工事が縮減するなど、前年度の活況から一転して厳しい狀況となりました。
     このような狀況のもと當社グループは、コロナ禍においても円滑な事業活動を維持すべく、テレワークや時差出勤、Web會議システムの活用など諸対策を講じながら、顧客のニーズに対応してまいりました。販売部門においては、営業擔當と各支店に配置の営業推進部が連攜の上、現場の省力化や生産性向上のためのプレキャスト化を訴求すべく、役所やコンサルに向けた提案営業を鋭意推進するとともに、民間需要の開拓にも注力するなど、受注獲得に努めてまいりました。また、連結子會社であるエヌアイシー株式會社の吸収合併を進め、関東地區における土木資材製品の拡販體制を整備?強化し、同地區における収益基盤の確立を実現すべく取組んでまいりました。一方、開発部門においては、新製品や新工法、新素材の開発に加え、3DCADや3DプリンターなどITツールを駆使したプレキャスト製品の提案力強化により、販売部門の拡販を強力に支援いたしました。生産部門においては、生産性の向上をより一層推進するとともに、協力會社との連攜を強化しながら更なる原価の低減を推し進めてまいりました。また、東日本地區における當社土木資材製品の供給拠點確保に向けて、株式會社新茨中(茨城県笠間市)の事業の一部譲受の準備を進めるとともに、物流の効率化にも取り組むなど、グループ一丸となって収益の向上に努めてまいりました。
     今後のわが國の経済情勢は、新型コロナウイルス感染癥の感染収束が進むとともに、回復基調に転ずるものと予想されます。當社グループの需要先である建設業界においても、公共工事が引続き堅調に推移するとともに、停滯していた民間工事も徐々に進捗するものと見込まれます。
     このような狀況のなか、當社グループは、國の進める「國土強靭化」を始め、「防災?減災」、「安全?安心」、「維持?補修」などの重點テーマや建設現場の生産性向上へのソリューションとして、プレキャストコンクリート製品のもつ優れた特性をユーザーに訴求しながら地域の需要や特性に応じた提案を推し進め、シェアおよび収益の拡大を目指してまいります。また、當社オリジナルのカスタマイズ技術を駆使した高付加価値の製品?工法の開発と拡販に注力するとともに、3次元データ等のデジタル技術を駆使した製品モデルの提案により難易度の高い特注物件への対応力強化を図り、多様化?高度化するユーザーのニーズに的確に応えてまいります。一方、東日本地區における當社土木資材製品の拡販を推し進めるべく、本年4月のエヌアイシー株式會社の吸収合併により販売體制の効率化?強化を図るとともに、來年4月予定の株式會社新茨中のコンクリート製品製造事業の譲受を著実に遂行し、製販一體による同地區でのさらなるシェア獲得を目指してまいります。生産部門においては、製造現場の安全性向上と品質向上を両立させつつ、既存設備の更新を進め効率的な生産活動に努めるとともに、物流のより一層の合理化にも取り組むことで、製造原価や輸送コストの低減を推し進め利益の創出に努めてまいります。加えて、當社グループ內のさらなる情報化を推し進めるべく専任部門を新設し、経営環境の変化に迅速かつ柔軟に対応しうる効率的な事業體制を整備してまいります。
     以上のような施策を當社グループが一丸となって取り組むとともに、中長期的な企業価値向上を図るべく、ESG(環境?社會?ガバナンス)やSDGs(持続可能な開発目標)といった社會的課題に対しても全社的な取組みを強化?推進していくことで、當社の経営理念である「美しく豊かな環境づくり」の実現に向けて果敢に挑戦し、成果をあげてまいります。

     株主の皆様におかれましては、なにとぞ格別のご理解をいただき、今後ともより一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

    2021年6月

    国语自产拍在线观看AV免费,2020国内精品久久久久精品,日本翁熄系列乱在线视频,欧美老人与小伙子性生交